温泉

大自然を感じる二つの泉質

目の前に広がる箱根連山を望む大浴場、そして大自然に包まれてつかる客室温泉。
それぞれの景色と泉質を愉しんでいただけます。
大浴場のお湯は乳白色をした硫酸塩温泉、お肌の角質をきれいに洗い流してくれます。
客室のお湯は澄んだ塩化物温泉、湯上りのあとも潤いを長く守ります。
大浴場のお湯に浸かってから、客室の塩化物のお湯に入ると、
ツルツルなうえにしっとりとしたお肌が仕上がります。

Large Public Bath

大浴場

大浴場

温泉名 大涌谷温泉
泉質 酸性ーナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉(酸性 低張性 高温泉)
湯の色 乳白色
泉質別適応症 アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、耐糖能異常(糖尿病)、表皮化膿症、きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
泉質別禁忌症 皮膚又は粘膜の過敏な人、高齢者の皮膚乾燥症
利用時間 男湯 すすき と 女湯 りんどう 6:00~11:00 15:00~24:00

GUEST ROOM BATH

客室風呂

客室風呂

温泉名 強羅温泉
泉質 ナトリウムー塩化物温泉(アルカリ性 低張性 高温泉)
湯の色 無色透明
泉質別適応症 きりきず、末梢循環隣害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
泉質別禁忌症 なし

療養泉分類に基づく禁忌症、適応症

(1)一般的禁忌症(浴用)
病気の活動期(特に熱があるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血などの身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い肝臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

(2)泉質別禁忌症(浴用)
それぞれの温泉の説明をご覧ください

(3)一般的適応症(浴用)
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、抹消循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

(4)泉質別適応症(浴用)
それぞれの温泉の説明をご覧ください

(5)浴用の方法及び注意
ア.入浴前の注意
(ア)食事の直前、直後及び飲食後の入浴は避けること。酩酊状態での入浴は特に避けること。
(イ)過度の疲労時には身体を休めること。
(ウ)運転後30分程度の間は身体を休めること。
(エ)高齢者、子供及び身体の不自由な人は、1人での入浴は避けることが望ましいこと。
(オ)浴槽に入る前に、手足から掛け湯をして温度に慣らすとともに、身体を洗い流すこと。
(カ)入浴時、特に起床直後の入浴等は脱水症状等にならないよう、あらかじめコップ一杯程度の水分を補給しておくこと。

イ.入浴方法
(ア)入浴温度
高齢者、高血圧症若しくは心臓病の人又は脳卒中を経験した人は、42度以上の高温浴は避けること。
(イ)入浴形態
心肺機能の低下している人は、全身浴よりも半身浴又は部分浴が望ましいこと。
(ウ)入浴回数
入浴開始後数日間は、1日当たり1~2回とし、慣れてきたら2~3回まで増やしてもよいこと。
(エ)入浴時間
入浴温度により異なるが、1回当たり、初めは、3~10分程度とし、慣れたきたら15~20分程度まで延長してもよいこと。

ウ 入浴中の注意
(ア)運動浴を除き、一般に手足を軽く動かす程度にして静かに入浴すること。
(イ)浴槽から出る時は、立ちくらみを起こさないようゆっくり出ること。
(ウ)めまいが生じ、又は気分が不良となった時は、近くの人に助けを求めつつ、浴槽から頭を低い位置に保ってゆっくり出て、横になって回復を待つこと。

エ.入浴後の注意
(ア)身体に付着した温泉成分を温水で洗い流さず、タオルで水分を拭き取り、着衣の上、保湿及び30分程度の安静を心がけること(ただし、肌の弱い人は、刺激の強い泉質(例えば酸性泉や硫黄泉等)や必要に応じて塩素消毒等が行われている場合には、温泉成分等を温水で洗い流した方がよいこと)。
(イ)脱水症状等を避けるため、コップ一杯程度の水分を補給すること。

オ.湯あたり
温泉療養開始後おおむね3日~1週間前後に、気分不快、不眠若しくは消化器症状等の湯あたり症状又は皮膚炎などが現れることがある。このような症状が現れている間は、入浴を中止するか、又は回数を減らし、このような状態からの回復を待つこと。

カ.その他
浴槽水の清潔を保つため、浴槽にはタオルは入れないこと。

メニュー